Q&A

8. 矯正治療をうけても、もとにもどってしまうことはないのですか?

歯を動かした後、もとの状態にもどらないように、取りはずしのできる装置(保定装置)を用意します。保定装置を約2〜3年つけて、かみ合わせを安定させます。その期間の通院は、3〜6ヵ月に1回くらいです。

[Q&A一覧に戻る]